2014年6月29日日曜日

concrete5のdesigner_contentの編集②

前回の続き

concrete5でDesigner Contentを使って作ったブロックの複製方法です。

同じブロックの形で、色だけ変えたいとかfloatだけ変えたいとか・・・そういう時に役に立つと思います。



/*=========================================================*/

準備

/*=========================================================*/

前回同様、FFFTPやFTP RUSHなどでサイトのディレクトリフォルダを開きます。
(concrete5をインストールしたフォルダ)

次に一番上の「block」フォルダを開きます。

その中の、Designer Contentでブロック作成時に「Block Handle:」に入力したアルファベットのフォルダをダウンロード。



/*=========================================================*/

手順

/*=========================================================*/

そのフォルダの名前をまず変更します。
(数字はダメみたいです)

次にそのフォルダの中






controller.phpを開き、3行目の
class ★★BlockController extends BlockController {

★★の部分を新しいブロック用に変更。(頭文字は大文字)

63、69、97、102、108、115行にもあるので、Ctrl+FやCtrl+Hで一括変更したらいいと思います。



7行目の
 protected $btTable = 'btDC★';

の★の部分を変更(頭文字は大文字)



5行目

6行目の

ブロック名と説明を変更。



これでcontroller.phpは終了。



次にdb.xmlの3行目
 <table name="btDC★">

の★をcontroller.phpの時と同じ様に変更。



edit.phpはさわりません。



view.phpのid名やclass名などを変更し、保存します。



ここまで出来たら今度は、初めに名前を変更したフォルダごと

ディレクトリ>block

の中にアップロード。



で、サイトの管理画面(サイトURL/index.php/dashboard/)→スタックとブロックの中のブロックタイプにアクセスすると、先程アップしたものがインストール待ちになっているのでインストールボタンを押せば完了です!



2014年6月28日土曜日

concrete5のdesigner_contentの編集





検索すると、concrete5のDesigner Contentのインストール方法や使い方を説明したページはたくさん出てきますが、
作った後で編集は出来ない

とよく書かれています。



ですが、そうでもないので簡単な編集の仕方を書いてみます。

※失敗して作り直すの面倒臭いですよね~(>_<)

/*=========================================================*/

Designer Contentで作成したブロックのデータの場所

/*=========================================================*/

FFFTPやFTP RUSHなどでサイトのディレクトリフォルダを開きます。
(concrete5をインストールしたフォルダ)

一番上に「block」フォルダがあると思いますが、この中にデータがあります。



そのblockフォルダを開くと、Designer Contentでブロック作成時に「Block Handle:」に入力したアルファベットを発見できるはずです。



その対象のフォルダを開くと(下記画像)このように6つのファイルがあります。


 


add.phpはさわらなくていいと思います。

controller.phpを開くとブロック名などが書かれています。
(ブロック名はphpMyAdminなどでデータベースの中を編集しないと変わりませんが)

db.xmlは、簡単な編集ならさわる必要なし。

edit.phpは、実際のサイト編集でブロックを追加(編集)する時の内容。

icon.pngは、ブロックのアイコンを変えたかったら変えればいいと思います。

そしてview.phpは、実際にサイトに表示される内容。

何がしたいかでどのファイルのどこを触るか変わってきますが、すぐにわかると思います。



次はブロックの複製について書きますね。


Designer Contentを使った簡単更新


2014年6月26日木曜日

Gmailからdocomoアドレスで送信する方法

以前の記事

でも書いたように、docomoメールは他の端末などでも送受信ができるようになっています。



ということは、smtpサーバーの設定情報が分かるということなのでGmailなどの送信用アカウントに追加ができるわけですね。

人によっては

「そんなことしなくてもWEBメールとしてPCブラウザでdocomoメールにログインできるやん」

って人もいらっしゃると思いますが、それでいい人はそれでいいと思います。


Gmailさえ開けばこっちのアドレスからもあっちのアドレスからもメールが送れる


って状況が便利だと思う人は参考にしてくださいね。



=======================================
Gmailで設定
=======================================

Gmailにアクセスし、下記画像にある赤丸のギアマークをクリックし、「設定」をクリックします。


 

次の画面で、左から4つ目の「アカウントとインポート」をクリックし、上から3つ目の「名前」の中にある「メールアドレスを追加」をクリックします。



/* 小窓が出たら
---------------------------------------------------------------------*/




メールを送った時に相手に表示させたい名前と、~~~@docomo.ne.jpのメールアドレスを入力し、「エイリアスとして扱います。」のチェックを外して「次のステップ」をクリックします。



次の画面で下記画像にあるように




「docomo.ne.jp SMTP サーバー経由で送信します。」にチェックを入れ、

・SMTPサーバーは「 smtp.spmode.ne.jp 」

・ポート「 465 」

・ユーザー名(以前の記事でお伝えしたように変更してなければ電話番号)

・パスワード(docomoIDのパスワード)

・SSLを使用したセキュリティで保護された接続(推奨)にチェック

で、「アカウントと追加」をクリックします。



簡単でしたね(^^)



Gmailからメールを送る時にdocomoアドレスを選択できるようになります♪